ストックオプション@情報館



ストックオプションの有効な活用


ストックオプションには、多数のメリットがあります。もちろん、
デメリットをともなう場合もありますが、デメリットをカバー
するには、ストックオプションを有効に活用することです。

ストックオプションを会社の役員や社員に付与することで会社内
での生産力の向上とともに、社員一同が一丸となって労働意欲が
わくようになり、社員の質の向上とともに企業の質が上がる
可能性があります。株券が付与されるということは、株主として
の権利も与えられ、株主総会に出席することも可能になります。

注意点としては、ストックオプションを付与する対象者を選定
する基準を公平に、かつ明確にする必要があります。付与される
株数が多い人に対して、付与される株数が少ない人には、現金に
よる報酬をアップするなど、不公平が生じないように配慮する
ことも必要です。ストックオプションは社内だけにとどまらず、
関連会社や提携会社、取引先などに付与することもできます。
これによって企業と企業の連帯感が強まり、より豊かな提携関係
を築くことが可能になります。今後は、取引をお互いにスムーズ
に行うための手段としても有効です。

ストックオプションは、会社の後継者対策、および節税対策と
しても有効です。後継者にストックオプションを付与することは、
相続するときに、株式を相続するよりも相続にかかる税金(相続税)
をかなり節約できます。その他には、優秀な人材を積極的に促進・
確保できる可能性が高まります。

ただし、ストックオブ食制度を導入するには、会社独自の判断
だけでなく、労働基準法や税金の問題なども絡んでいますので、
必ず専門家のアドバイスを受けて、慎重に検討することが必要です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ どんな仕組み?
   ★ 注意点を知ろう!
   ★ 会計基準の概要
   ★ 関連する税金の知識
   ★ 有効な活用方法
   ★ 会社法手続きについて