ストックオプション@情報館



ストックオプションの注意点


ストックオプションの注意点について、ご説明しましょう。
近年、世界経済が不景気の動向を見せる中で日本にも株価暴落
などの影響が出ています。ストックオプションでは、新株予約権
を会社の役員や社員に同等に権利が与えられ、権利を行使する
ことができますが、極端に株価が下降傾向にあり、株券を売却
したくても、この時点で売却すると損を出してしまうことにも
なりかねません。

株価が高値の時点で権利行使して、株式をそのまま所有して売却
しない場合には、課税されます。その計算式は、下記の通りです。
「 (権利行使したときの株価−権利付与の株価) × 税率 」という
式で課税額が算出されます。株券を持っているままで、売却しなく
ても税金が発生するということを意外にも知らない人は多いものです。
これは、国が定めた税制上の規定なので、これについての企業の
対策をとることは難しいと思われます。

ストックオプションの導入は、一見、メリットばかりが強調されて
いるように見えますが、税制について不備な点も見られ、今後は
改善策が求められるところです。また、海外法人の株式でストック
オプションを導入している企業などについては、対応が難しく、
日本の税制では不備な点があります。

企業がストックオプション制度を導入するには、企業独自の判断
だけでなく税金などについても考慮しながら専門家のアドバイザー
を受けて、実施については慎重さが求められるでしょう。


当サイト人気コンテンツ


   ★ どんな仕組み?
   ★ 注意点を知ろう!
   ★ 会計基準の概要
   ★ 関連する税金の知識
   ★ 有効な活用方法
   ★ 会社法手続きについて