ストックオプション@情報館



ストックオプションのデメリット


ストックオプションには、メリットが多数ありますが、デメリット
もいくつかあげられます。ストックオプションの仕組みは、大変
合理的で社員の質の向上をはかるとともに、企業の質の向上の可能性
がありますが、株式が公開された後に、会社の中心的な有能な人材が
辞めるという可能性もあります。株式を付与されることで、自分に
対しての目先だけの利益を追求する人もいます。ストックオプションで
利益を得てしまえば、そこで自分なりの目標が達成されてしまったと
思う人もいて、その後に会社を辞めるというケースもあります。

ストックオプションを与えられた社員の退職を防止するための対策と
して、新株予約権割当の契約書に制約を設けることで、退職者を出さ
ないようにすることが可能です。会社が、ある一定の期間を定めて、
権利を付与された株式数のうち、ある株数に対しての権利を行使
できるというように規定を設けることで、退職者を出さないように
して、有能な人材を確保することが可能になります。つまり社員が
ストックオプションを使い果たしたあとに、「燃えつき症候群」に
ならないための策でもあります。

もうひとつのデメリットは、近年の不景気を反映して、株価が思う
ように上がらないといったケースも考えられます。ストックオプション
でいくら多数の株券を付与されたとは言っても、株価が上がらないの
では株を持っている意味がありません。つまり、ストックオプション
の権利を行使する機会がなければ、社員の労働意欲が低下するのでは
ないかという見方もあります。

近年、全国各地のあらゆる企業で、ストックオプション制度の導入
が実施、あるいは検討中というところもありますが、メリットや
デメリットを企業側がよく理解すること、そして、導入するので
あればメリットを活かして、デメリットをカバーするような対策を
踏まえる必要があります。


[PR]大学職員に強い転職エージェントを検索

当サイト人気コンテンツ


   ★ どんな仕組み?
   ★ 注意点を知ろう!
   ★ 会計基準の概要
   ★ 関連する税金の知識
   ★ 有効な活用方法
   ★ 会社法手続きについて