ストックオプション@情報館



ストックオプションの仕組みについて


ストックオプションとは、あらかじめ決められた価格で自社の株を
買うことができる権利のことを言います。その価格が時価よりも安い
ときに、この権利を与えられた人は利益を享受することができます。

ストックオプションの仕組みについて、ご説明したいと思います。
まず会社が取締役や社員などにストックオプション(新株予約権)を
付与します。企業として成長する可能性が高い株式未公開企業が、
将来的に自社発行株を1株につき、会社から定められた金額で
買い取ることができる権利を、その会社の役員や社員、子会社や
提携企業など付与します。

そして、株式に公開して、ストックオプションを付与された人が
権利を行使して、株を買い取ります。そのときに買った株を売却
すれば、利益を得ることができます。買ったときの株価が1000円
だとした場合、売却するときの金額が1株1500円であれば、差額の
500円に株数をかけたものが、キャピタルゲイン (利益) として
得られます。

つまりストックオプションの対象になった人は、株価が権利行使
の価格よりも高くなったときに、自社株を安値で買って、売却
すれば利益が得られるということになります。会社がストック
オプション制度を導入することによって、会社の役員や社員に
利益をもたらすという可能性があります。さらには株価の上昇に
もつながるようになり、企業としての高い評価を得られるよう
になり、企業の質の向上を目指すことが可能になります。

[リンク]女性向けの受付の求人先探し!